どうしても辛い頭痛を解決症状にあった薬を選ぼう

病院を受診して最も効果的な頭痛薬を処方してもらおう

痛みをコントロール

錠剤

多くの日本人が悩んでいる頭痛は、重大な病気の前兆であることもあります。また頭痛の中でも片頭痛は、血管の拡張で三叉神経が刺激されて発症します。症状がひどいと市販薬では効果がないことも多いので、病院で効果がある薬を処方してもらう必要があります。

詳しく見る

痛みに悩む方は受診

男性

人によって原因も症状も全く違う頭痛を抑えるには、市販薬を使う方法と病院を受診する方法があります。しかし頭痛薬は種類も多く、効果もそれぞれ違うので、自分で判断して色々試し買いを続けるよりも一度かかりつけや内科を受診するようにした方が、お金もかからないのでおすすめです。

詳しく見る

血液の流れを意識する

笑顔の男性

多くの人が頭痛を経験するので、薬の種類も豊富です。身体にとって負担がない薬を選ぶことができます。医師に相談して、原因を突き止め、体質を変えながらその時々に合った薬を処方してもらい、頭痛を起こす頻度を減らしていきましょう。

詳しく見る

頭の痛みの改善と対処法

メディシン

頭痛の対処法として、市販薬や病院で処方されたものの他にも漢方があり複数の症状があるという場合に向いていると言えます。生活習慣は食生活を中心に変えていくことで、症状が改善されることが多いと言われています。

詳しく見る

頭が痛い時の対処法

医者

痛みの具合に合わせて

頭痛には、偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などの慢性的なものから、脳腫瘍やくも膜下出血、髄膜炎などの命に関わる病気の症状として現れるものがあり、それぞれの痛みの原因や症状に合わせた治療とケアが重要です。そのうち、慢性頭痛で悩む人は3000万人以上と言われていますが、病院に通って治療をしている人はあまり多くはありません。頭痛がすると感じたら、まずは市販薬を飲んで症状を抑えようとする人が多いのではないでしょうか。市販薬は、薬局やドラッグストアなどで販売され、インターネットを利用して購入することもできるので、頭が痛くなったけど病院がまだ開いていないという時でも手軽に手に入れられたりと、その便利さが人気です。市販薬は、病院で出されるものとは種類や成分が異なるため、市販と医療用の薬の特徴をきちんと把握し、自分の頭痛の症状に合ったものを服用して治療に活用できるようにしましょう。医療用は、ほぼ一つの成分で作られ、痛みの程度で量が調整でき、頭痛の原因がわかりやすくなります。繰り返す頭痛や痛みが強い人に向いています。医療用の頭痛薬は、脳神経外科や神経内科、頭痛外来で処方してもらえます。これらの医療機関では、症状に合わせて頭痛薬を処方してくれます。

正しい飲み方

薬を服用することで頭痛が治まるのは確かですが、飲む時間や量、飲み合わせなどを守ることで、薬によって起こる副作用の危険性が下がり効果も得られやすくなります。頭痛は、痛みの原因が増えると痛みも増してくるため、痛みを感じたら早めに薬を飲むことがポイントで、医師の指示や市販薬の説明書に必ず従います。副作用に多く報告されている胃腸障害を防ぐために、服用する前には空腹を避け、少しでも食べ物を胃に入れておきます。薬を飲む時の飲料には気をつける必要があり、コーヒーや緑茶に多く含まれるカフェインは痛みを鎮める作用がある一方で、薬に入っているカフェインと合わせると過剰摂取になり、これがもとで頭痛が起こることもあります。アルコールも作用が効きすぎて危険なため、絶対に避けましょう。薬は必ずコップ半分以上の水で飲むようにします。薬同士にも飲み合わせがあるので、他に服用しているものがある場合は、事前に医師や薬剤師に相談します。また、慢性頭痛の原因は様々で人によって違いますが、ストレスや疲労、睡眠不足などを抱える人が多く見られ、それらが原因で頭痛が誘発されることもあるので、日常の生活習慣や食生活を見つめ直すことも大切です。

Copyright© 2016 病院を受診して最も効果的な頭痛薬を処方してもらおう All Rights Reserved.