男性

病院を受診して最も効果的な頭痛薬を処方してもらおう

痛みをコントロール

錠剤

種類と症状

日本人の3人に1人は悩んでいるといわれるくらい、多くの人に日常的に起こっている頭痛ですが、悪化すると生活に支障をきたすし、重大な病気の前兆であることもあり軽く見ないで十分に気を付ける必要があります。頭痛と一言で言っても、その原因は様々で、それよって予防法や対処法が大きく異なります。この中で、年間を通じて起き、多くの人が悩んでいるものに「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」があります。片頭痛は、頭の片側のこめかみから目にかけて脈を打つように痛み、ときには両側や後頭部まで痛みが人がります。何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して、周囲の三叉神経を刺激することで血管が拡張することで発症します。原因は様々で、ストレス、女性ホルモンの変化、寝不足、肩こりなどが関係していると言われています。緊張型頭痛は、後頭部から首すじにかけて、締めつけられているような圧迫感が特徴です。頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起き、血流が悪くなり老廃物がたまることで神経が刺激されて起きます。片頭痛のようなズキズキする痛みではなく、吐き気もありません。痛みが時々おこるタイプとほぼ毎日痛みがあるタイプがあります。群発頭痛は、目の奥に激しい痛みが起こり、片方の目の周辺に強い痛みが出ます。頭痛の中でも、強い痛みを伴い、男性に多く発症するのも特徴です。発生のメカニズムは、内頚動脈の拡張や視床下部の機能異常などと考えられています。

効果と服用のタイミング

頭痛の中でも、多くの方が悩んでいる片頭痛は、辛さから市販薬に頼りたくなりますが、実は、市販薬は、あまり効果がありません。市販薬で改善できるのは、軽い痛みの頭痛であり、痛みが強い片頭痛にとっては効き目が弱く、そもそも原因である拡張した血管を収縮する効果がないため、根本的に痛みを治めることはできません。市販薬も複数の種類があり効く種類もありますが、だんだん聞かなくなる場合が多く、市販薬が効かなくなってきたら早めに病院を受診することが大切です。病院では、効果がある薬を処方してもらえます。原因である血管および三叉神経などに直接作用し、血管を収縮させる効果がある薬です。5種類の薬がありますが、服用するタイミングは非常に重要で、痛みが出始めたときの服用が効果的で、痛みがひどくなってからでは効果が劣ります。だからと言って、予防目的で鎮痛剤を飲むのは症状を悪化させてしまうこともあるので、医者の指示をしっかり守り服用することが重要です。頭痛は、根本的な解決は難しく、鎮痛薬を使って痛みをコントロールしていくことが必要になります。医師や薬剤師に相談して、どの薬が自分に合っているかを見極め、痛みを上手にコントロールしましょう。

Copyright© 2016 病院を受診して最も効果的な頭痛薬を処方してもらおう All Rights Reserved.